野菜不足を気にして一日の中で野菜ジュース青汁などで補うという方もいるのではないでしょうか。

 

 

実際にサラダを食べるよりも1度に沢山の野菜と同じ成分が取れるので、ジュースやスープや青汁で野菜と同じ成分を摂る方が効率は良くなります。

 

 

サラダなども勿論野菜を摂取する方法ではありますが、生野菜を一度に沢山食べるのは中々難しいものでもありますし、生野菜は体を冷やしてしまうというデメリットもあります。

 

 

では野菜不足を解消するには野菜ジュース青汁どちらの方が効率がいいのでしょうか?

 

 

成分なども合わせて調査してきました。

 

 

野菜不足を補うには野菜ジュースと青汁結局どっちがいいの?

 

野菜ジュースも青汁も飲み物として野菜が取れるということは共通していますが、実はそれぞれにメリットとデメリットがあるんです。

 

 

青汁のメリット、デメリット

メリット

・粉末の個包装タイプを選べば持ち運びに便利

・割り方は好みに合わせてアレンジがきく

・ビタミンやミネラルや食物繊維が豊富

・糖質やカロリーが少ない

・常温で保存できる

 

デメリット

・味に癖があるので好みが分かれる

・粉末が溶けきらなかったりする

 

 

野菜ジュースのメリット、デメリット

メリット

・子供も大人も美味しく飲みやすい

・野菜も果物も同時に摂取できる

・手軽にコンビニなどで手に入る

 

デメリット

・容器がかさばりゴミが出る

・冷蔵保存しなくてはならない

・カロリーや糖質が意外と高い

・製造工程の中の加熱処理で酵素やビタミンが残っていない

 

 

二つの違いはこんな所です。

 

 

トータル的に見ると、青汁の方が野菜不足を解消するには優秀ですが、青汁のデメリットとなる、溶けにくいというのと味に癖があるというのが少々厄介です。

 

 

ですがこの野菜ジュースと青汁の二つのメリットだけを取ったものが存在するのをご存知でしょうか?

 

 

野菜ジュースと青汁のいいとこ取りのフルーツ青汁がオススメ!?

野菜ジュースでも青汁とも少し違う、フルーツ青汁はご存知ですか?

 

 

簡単に解説しますと、フルーツ青汁は青汁と同じ成分でありながら、フルーツ味で飲みやすい商品なんです。

 

 

青汁と言えば、健康にいいのはわかっていても、苦くてまずい印象がありますが、フルーツ青汁は全く苦みが有りません。

 

 

フルーツ青汁は野菜ジュースのように美味しくて飲みやすく、水にサッと溶けて持ち運び時にもかさばらずに常温で保存可能です。

 

 

そしてビタミンやミネラルや食物繊維も豊富で野菜不足も解消できるという優れもの。

 

 

甘くて飲みやすいのにカロリーや糖質も低く、従来の青汁と違って野菜と果物を同時に摂取する事が出来ちゃいます。

 

 

野菜不足を補いつつ、美容効果もダイエット効果も期待できるので、野菜ジュースや従来の青汁よりもフルーツ青汁が断然オススメです!

 

 

野菜不足が気になる方は、初回680円で始められる商品もありますので、是非フルーツ青汁を試してみて下さい。