食物繊維は腸内環境を整える為に必要と言われている成分で、中でも水溶性の食物繊維が多い食品は便秘にも効果的というデータがあります。

 

 

食物繊維が多い食品はお肌を綺麗にしてくれる効果なども見込めるので、女性の方は特に積極的に取り入れようと試みる方もいるかと思いますが、食物繊維が多い食品には不溶性のものもあるので水溶性と上手に使い分けたいところですよね。

 

 

今回は食物繊維の多い食品と、水溶性の食物繊維の働きのお話をさせて頂きます。

 

 

食物繊維が多い食品にはどんなものがあるの?

 

食物繊維が多い食品といっても不溶性のものと水溶性のものがあり、不溶性のものがダメと言うわけではないのですが、水溶性の食物繊維が多い食品の方がダイエットや整腸作用が期待できるようです。

 

 

食物繊維の多い食材を摂取しようと考える方の多くは、この整腸作用ではないでしょうか?

 

 

更に水溶性の食物繊維が多い食品には、糖質の消化や吸収を穏やかにしてくれたり、血糖値の上昇を抑える働き、余分な脂質を排出したり、善玉菌を増やす働きもあるんです。

 

 

女性には嬉しい効果ばかりなので、水溶性の食物繊維が多い食品は意識的に取り入れたいものです。

 

 

水溶性の食物繊維が多い食品は

・アボカド

・オクラ

・山芋

・明日葉

・海藻

・納豆

・ゴボウ

・果物類

 

 

こう見るとネバネバ系が多いような気がしますよね?

 

 

私はネバネバした食べ物を可能な限り全部混ぜて食べる位好物なので、これらから毎日水溶性の食物繊維が多い食品を摂取してますが、苦手な方はどうしたらいいのでしょうか?

 

 

ネバネバが苦手ならフルーツから水溶性食物繊維を摂れ!?

 

水溶性の食物繊維が多い食品にはりんごやバナナ、キウイやイチゴなどのフルーツもあります。

 

 

どれも美味しく食べられるフルーツではありますが、一つ大きな問題があります。

 

 

果物って案外高いという点と、持ち運びに不便という点です。

 

 

最近ではバナナのケースなども売られていますが、もっと手軽にフルーツを摂取出来ればいいと思いませんか?

 

 

そこでオススメしたいのがフルーツ青汁です。

 

 

フルーツ青汁の中には、その名の通りフルーツが沢山入っていて、水溶性の食物繊維もたっぷりです。

 

 

そして粉状が個包装になっているものが殆どですので持ち運びにも便利で、いつでもお水に溶かして飲むことが出来ます。

 

 

常温で保存出来てかさばらずに、水溶性の食物繊維がたっぷりと摂れるフルーツ青汁は、ダイエット効果や美容効果も高いので、是非皆さんに一度試して頂きたいです。