ふるさと青汁にはどんな成分が含まれていて、

どんな効果が期待できるのでしょうか?

 

 

買ってから後悔しないように、

その成分や効果について知っておきましょう。

 

 

青汁は飲みづらいのでは?と思っている人も多いので、

おすすめの飲み方もご紹介します。

 

 

ふるさと青汁の主成分とその効果とは?

1.八丈島産の明日葉

明日葉は、生命力が強く、豊富な栄養素を含む野菜です。

 

一般的に青汁に使われるケールよりも栄養価が高くなっています。

 

 

普段の食事でなかなか摂りづらい、

食物繊維やミネラル、ビタミン、カリウムなどを多く含んでいます。

 

 

これらには、便秘や貧血の予防、高血圧の改善、

疲労回復などの効果があると言われています。

 

 

特に、カルコンというポリフェノールの一種は、

体に溜まった老廃物を排除してむくみに良いとされています。

 

ふるさと青汁は、このカルコンが

最も多い根や茎も葉っぱと合わせて原料にしています。

 

 

2.島根県産の桑の葉

桑の葉にはカルシウムやマグネシウムなどの

ミネラルや食物繊維がたくさん含まれています。

 

 

豊富な食物繊維により、便通の改善効果が期待でき、

毎日スッキリ過ごせます。

 

 

その他にも、DNJという聞きなれない成分が含まれています。

 

 

この成分には、脂肪の蓄積を抑制する働きがあり、

糖尿病肥満の予防が期待できます。

 

 

3.熊本・大分県産の大麦若葉

昔から活用されている、栄養価が豊富な植物です。

 

カリウムやカルシウム、鉄分、食物繊維、ビタミン類などが

たくさん含まれています。

 

 

これらの成分により、便秘改善やデトックス、

疲労回復や美肌効果、アンチエイジング効果も期待できます。

 

 

このような自然の原料から

バランスの良い栄養素を摂取することができます。

 

 

ふるさと青汁は、普段の食事だけでは偏りがちな

栄養を補い、健康的な体づくりのサポートをしてくれます。

 

 

ふるさと青汁の飲み方とは?

ふるさと青汁は、一般的な青汁に使われるケールではなく、

明日葉と桑の葉、大麦若葉がブレンドされているため、

そのままでも飲みやすくなっています。

 

 

粉末状になっているので、水やお湯に入れて飲んでも、

抹茶風味で美味しいと評判です。

 

 

溶けやすくできているので、

水に入れてスプーンで混ぜればすぐに溶けます。

 

 

それでも、もし、そのままの味に抵抗がある場合は、

牛乳や豆乳に混ぜるとまろやかになりますよ。

 

 

ヨーグルトやお菓子、お料理に混ぜても問題ありません。

 

 

1日1包でいいので、続けやすいですよね。

 

 

ふるさと青汁は、いつ飲んでもOKですが、

立ち仕事等で足のむくみが気になる人は朝に飲むのがオススメ。

 

 

飲み会の翌日のむくみ予防には、夜寝る前に飲むと効果的です。

 

 

それぞれの生活スタイルに合わせて、上手に活用しましょう。

 

 

次のページ⇒ふるさと青汁の期間限定無料お試しがすごい!全額返金保障まで