日頃の食事では補えない栄養素を手軽に摂ることが出来たり、

体質改善にも効果があるので青汁は人気の栄養補助食品ですね。

 

 

栄養を摂れるので、栄養をたくさん必要としているのに、

つわりなどで思うように食べられない妊婦さんや、

赤ちゃんの成長を心配している妊婦さんは、

青汁を飲んで栄養を補う方法があると思うのですが、

同時に妊婦さんでも青汁を飲んで大丈夫なのか気になりますね。

 

 

万が一何かあった場合には、妊婦さんだけでなく

お腹の赤ちゃんの事もあるので、心配になりますよね。

 

 

そこで、妊婦さんが青汁を飲んでも大丈夫か見てみましょう。

 

 

青汁にも妊婦さんに危険な成分が含まれている場合がある!?

青汁は薬ではなく食品なので妊娠さんが飲んでも、

危険な目に合うと言うことはなさそうです。

 

 

しかしそれは、青汁に含まれている成分や、

一日に飲む青汁の量など十分注意した場合です。

 

 

妊娠さんが避けなければいけない成分で、カフェインがあります。

実は青汁にも、カフェインが成分に含まれている場合があるのです。

 

 

ケールや大麦若葉など、自然の植物から作られている青汁なので、

原料としてカフェインが含まれているのではなく、

青汁を飲みやすくするためにと、

抹茶を入れて販売していることがあるからです。

 

 

その、抹茶にカフェインが含まれているため、

妊婦さんが青汁を飲むことに注意が必要なのです。

 

 

近年は、ペットボトル飲料でもデカフェが発売されているなど、

認識も高くなっています。

 

 

妊娠中は、コーヒー2杯から3杯のカフェイン摂取は、

問題ないと言われています。

 

 

しかし、1日トータルの摂取量なので、

青汁に含まれている抹茶にも注意が必要です。

 

 

妊娠さんが積極的に摂り入れたい葉酸も、

青汁を飲むことで補えるので青汁はとっても便利な存在です。

 

 

妊婦さんは、青汁に含まれている成分を、

しっかりと確認してから飲んでください。

 

 

栄養素がたっぷりの青汁!でも特に妊婦さんは青汁の飲み過ぎは危険です!

妊婦さんはお腹の赤ちゃんの分まで

栄養を摂らなければならないと思い、

ついつい食べ過ぎてしまったり、

飲み過ぎてしまったりすることもありますね。

 

 

つわりが酷い妊婦さんも、

少しでも食べなければ、お腹の赤ちゃんが可哀想だと思い、

自分を追いつめてしまうこともあるかもしれません。

 

 

野菜が原料である青汁を飲むことで、

足りない栄養素を補ってくれるため、

その悩みから解放される場合もあります。

 

 

しかし、健康食品の青汁でも、

飲み過ぎには注意しなければいけません。

 

 

お水などのように、常飲することは避けましょう。

 

 

青汁にはカフェインが入っているものや、

糖類が入っているものがありますし、

食物繊維が豊富なためお腹がゆるくなってしまうこともあります。

 

 

妊婦さんが青汁を飲む場合は、通常より薄めに作ったり、

薄めの青汁で作った氷を舐めるなどして、

飲み過ぎないように注意してみてください。

 

 

妊婦さんはが飲む青汁は、

  • きちんとした産地で作られているもの
  • 添加物が含まれていないもの
  • ノンカフェインなど

お腹の赤ちゃんの事も考えて、

安心して飲める青汁を選んでくださいね。